【スキル無しでも大丈夫】主婦こそ、在宅ライターがオススメな理由

こんにちは、sallyです。

 

 

皆さんは、子育てをしていると外で働き続ける事に限界を感じたりはしませんか?

 

 

ひたすらに終わらない家事と育児。

 

 

お便り袋がいつもより膨らんでいたりすると「また、提出物…」「また、手書きの書類…」と、それを見ただけでストレスを感じてしまう。

 

 

生活していく為にお金を稼ぎ、その事でストレスと疲労が溜まり、外食をしたり楽をする為にお金を使う…ってなんだかおかしいなあと思っていたんですよ、私は。

 

 

 

今日は、昔の私と同じ様に外で働く事に限界を感じている主婦の方々に楽になって貰いたい。

 

 

そうした思いで「なぜ、主婦にはライターがオススメなのか」を、お伝えしたいと思います。

 

【スキル無しでも大丈夫】主婦こそ、在宅ライターがオススメな理由

主婦にライターがオススメな理由として、次の事があげられます

 

  • ノースキルでも始める事ができる
  • 出勤がないので、在宅で時間を調整できる
  • 売り込みも不要

 

解説していきましょう。

 

ノースキルでも始める事が出来る

 

何一つ特別な資格などは必要ありません。

 

しかし3つだけ、する事があります。

 

  1. ライター募集をかけている転職サイトや求人サイトに登録する
  2. 登録が完了したら、受けてみたい案件を探しパソコン上で応募する
  3. 合格の連絡メッセージを受け採用される

 

これだけです。

 

普通の転職にありがちな、スーツを着て履歴書を何度も書き直して、誰かに面接を受けてといった小心者の私がドキドキするような一連の流れは一切ありませんでした。

 

もちろん、募集内容は簡単なものから難しいものまで幅広いです。

 

ですが、最初は簡単なものに応募して、スキルを上げていけば何も問題ありません。

 

副業としても行えますよ。

 

出勤がないので、在宅で時間を調整できる

 

主婦が仕事するうえでの一番の悩みが「出勤」と「時間」と言う縛りではないでしょうか?

 

子育てもしていれば更に、時間に追われてしまう。

 

しかし、ライター業は出勤が無いために、時間の調整ができます。

 

今まで主婦をしてきたあなたなら、「この時間にはこれをして…この時間にはこれをしよう」と時間のタスク管理はかなりレベルが高いはずです。

 

 

それを利用して、隙間時間に在宅ライターの仕事をこなしていけばいいのです。

 

 

例えば、子供の病気で急な休みを取らないといけない時も、今までしていた「会社への連絡」や「申し訳なさ」を背負わずに済みます。

 

 

自分が期限内に終える事ができそうな案件を受け、納期までに納めればいいのです。

 

 

売り込みが不要

 

ライターとしてデビューするにあたり、私には不安がありました。

 

sally

自分のライティングスキルに営業を書けるの??

営業職なんてした事ないよ…

 

ライターとしてデビューすると言っても「株式会社ライター」として会社を大きく掲げるわけではありません。

 

受けれそうなものを、登録サイトから受けていくだけです。

 

簡単なものを受けているうちに、経験とスキルを積む事ができます。

 

スキルと経験値があがれば、少し単価を上げる交渉をする事もあります。

 

慣れてくれば、より単価の高い案件を受ける為に「私にはこうした経験とスキルがあります」とアピールする事も可能です。

 

ただ、アピールすると言っても文章で書いてメッセージで完結しますよ。

 

という訳で、ビビりな人ほど在宅業務が向いているのかもしれません(笑)

 

初心者在宅ライターの収入はどれくらい?

 

収入には大きな幅があります。

 

正直な所、最初はなかなかライティングが上手くできず、時間を大幅に使ってしまい収入があがらないという時期もあります。

 

なぜなら、ライティング業務は時給単価ではなく、1文字1円などと言う文字単価の業務だからです。

 

 

それに、最初のうちは口コミなどを書くだけの仕事であれば、1文字0・5円などという悲しい世界なのです。

 

だから始めのうちは、月に1万~5万とお小遣い程度の収入の方もたくさんいます。

 

でも、それでいいんです。

 

隙間時間を利用して口コミなどを書き、スキルを蓄積する。

 

その内、文章が書けるようになれば1文字1円まで持っていく事だって可能です。

 

1文字1円に持っていけたのなら次は1文字3円とステップアップ。

 

その内に、1記事5,000円以上につなげていく事も、思っているより難しい事ではありませんでした。

 

という事は、在宅ライターの収入は最初はとても低いけれど、実践しながらスキルをつけて最終的には給料の上限がないと言い換える事も出来ます。

 

実際に私は…

 

現在ライターとして、ひとり親をしながら生計を立てている私は…

 

 

実はライターデビューするまで、全くライティングの実績などありませんでした。

 

 

専業主婦から突然、ワーキングマザーでひとり親になったためにパートタイマーで仕事をする傍らブログを書いていました。

 

 

ブログと言っても、フェイスブックやInstagramで自分の生活や子供の成長を発信していく延長線上みたいなものでした。

 

 

なので、ライティングスキルはゼロに等しい。

 

 

それでも、ライターになりたいと思ってから10ヶ月で1記事6,000円の案件を受けるようになれたし、それ以外にもゴーストライターとして1文字2円で仕事をとってきています。

 

正確な収入は変動があるので、一概には言えませんが…
1日5時間稼働して、1週間に5記事~10記事程度執筆をしています。
(計算出来ましたでしょうか?)

 

大変な時期もありましたが、今は出勤や人間関係のストレスを感じないこの働き方を幸せに感じているし、もっとスキルを上げていく事に「楽しいなあ」と本気で思っています。

 

まとめ

 

在宅ライターは、スキル無しで始めることが出来る、主婦や育児中のママにオススメな働き方です。

 

在宅ライターは、ノースキルからでも始められる今の時代に合った働き方とも言えます。

 

最初から高収入を目指すのは難しいですが、「実績作り」をしていく事で、時間にとらわれず収入の上限額のない働き方が可能になります。

 

sally
頑張って続けよう!

 

ライター案件は勿論の事、アンケートなどにこたえるだけでも収入になるものも在ります。
安定した収入につなげたい人や、収入を得る為のノウハウを得ていく為にもまずは、求人サイトの登録から始めましょう。

大手でオススメな企業を貼っておきますね、もちろん登録無料です。
>>>空いた時間で在宅ワーク【Bizseek】

>>>フリーランスの求人サポートサービス「クラウドテック」



最新情報をチェックしよう!