【実証:主婦の私でも個人事業主になれた】結果を出す為に大切なひとつの事

 

こんにちは、sallyです。   

 

最近は、自分でお仕事を作っていく人が多いですよね…と思っていました。

 

私の周りには
「パーソナルインストラクター」
「編み物オンライン教室開校」
「お見合いサロン」
などの、個人事業で結果を出した人や、自身の過去の経験を生かしてより楽しく働ける環境に転職した知人もいます。

 

 

  で、私も外での労働に限界を感じていたし、自分の納得のいく生き方をしたかった。

 

 

そんな私も、無事に個人事業主になる事が出来ました。  

 

そこで、みんなに共通して思う事があって、それは「結果を出す為に大切なマインド」みたいなものがあるんじゃないかって。  

 

 

だから、今日は先の見えない夢に向かって頑張っている人にお伝えしたい「結果を出す為に大切なひとつの事」をお伝えしていきたいと思います。

結果を出す為に大切なひとつの事

  結論:プロセスを愛している事   これに尽きると思います。  

 

結果が欲しいだけでは続かない

例えば、私を例にあげてみます。

 

私は、今はライターとして活動していますが、本当はプロブロガーになりたかったし今でもその夢は継続中です。

 

でも、とりあえず一丁前なブロガー風になる道のりは遠く長かったんですよ。

 

いや、自分でブログを開設して「ブロガー」だと名乗った時点でブロガーなのですが…。

 

ブログは「ザ・集客」なので…インターネット上の大海におぼれて見えなくなってしまわない様に自分で集客を頑張らないといけない。

 

夢があるという事は素晴らしいし、目標があるという事も素晴らしい事だけれど、結果が欲しいだけではそこまでたどり着く事も出来なかったと思うんですよ。

 

 

継続できたのは、プロセスを楽しんでいたから

 

じゃあ、私は結果が欲しいだけじゃなくて何が理由で続ける事が出来たのかと聞かれたら「プロセスを楽しんでいたからできた」と一目散にお答えします。

 

ほとんどの仕事がそうだと思いますが、華やかな結果に到達するまでのプロセスは泥臭いんです。

 

上述した、ブログを運営する上での「ザ・集客」は本当に泥臭い作業の連続なんです。

 

例えば…

  • ブログのデザインを考え
  • カスタマイズも少なからず調べて学ぶ必要がある
  • 集客の為にはSEOの知識も取り入れる必要があり
  • 記事の書き方にもコダワリを持ち
  • そして何より、自分の余暇時間を割いて更新し続けないければいけない

 

で、とりあえず100記事と言われているブログの玄関を突破したいと思えば、自分の余暇時間を全力投下していかないといけない訳です。

 

そうした、過酷で泥臭い作業を続けていけるのか?

 

そこまでして続けるほど、地道な作業を楽しめているのか?

 

そうした、マインドはとても大切だと思います。

 

プロセスを楽しめていないと、後の作業も続かない

プロセスを楽しめていなければ、ブロガーに限らず「結果が出せた後の継続力」にならないと思うんですよ。

 

先ほど述べたブロガーの泥臭い地道な作業は、結果が出始めた後もずっと続いていく。

 

きっと、それはブロガーに限らず、どんな仕事でも経営する側なら同じで地道な作業と継続的な思考力が問われる。

 

だから、結果を出し続ける為にその地道な作業を楽しんで続けれるのか?ってマインドが問われると思うんです。

 

 
sally
結果が出た後も続いていく、地道な作業も楽しめるのかっていうのはとても大切だよね…
 

 

プロセスを楽しめていないと、成功前も成功後も続かない。

 

でも反対に、地道にずっと続ける事が出来たならば成功につなげていく事への可能性がかなり高まると思っています。

 

地道な作業が、別の道を作ってくれる時もある

冒頭でお伝えしたのですが、私は本当はブロガーになりたかったのに今はライターをしています。

 

私がブロガーを目指したキッカケ

なんでプロブロガーになりたかったのかと言われたら、書く事が好きだったから。

 

そして、ひとり親で自閉症児を2人も育てながら、外での労働に限界を感じていたことがきっかけです。

 

それに壮大な夢も抱いていました。

 

プロブロガーとして成功したあかつきには、私と同じ様に「自閉症育児」に悩んでいる保護者の方を助ける活動もしたいと思っていたし、子供たちのサポートにも携わったり、障がい児のママ達の就労支援にも携わりたいとかやりたい事がいっぱい。

 

だから、まずプロブロガーになって収益を得たかった。

 

夢に向かっていたら、ちがう可能性が降り注いできた

一心不乱に余暇時間を全力投下してブログに集中していたら、ライターのお仕事が舞い込んできました。

 

かといって「プロブロガー希望」から「ライター」へと、完全な路線変更をしたわけではありません。

 

プロブロガーの夢を追いかけながら、ライターの仕事を続けれる。そして、ライター業ではブログの勉強も出来る。

 

今の生き方をさせてくれている編集長に、感謝の気持ちでいっぱいです。

 

一歩進んで10歩下がるといった本当に泥臭い作業を続けていた私の所に、ライターの専属契約の話が来た。

 

 
sally
胸が躍るとはこのことですよ…本当。

 

夢を追う事で、どんな仕事に対しても取り組む姿勢は変わらなくなった

ライター業務は、ちょっと高単価過ぎて焦ったんですよ。

 

でも、その後気持ちを話す場も設けて貰って「期待に添えるように全力で頑張ろう」とマインドが変化しました。

 

そして、ライターの仕事を受けてからもライターとしてもブロガーとしてもマインドは変わっていません。

 

 

私はプロセスを楽しめているのか?
これは、自分がやりたい事なのか?

 

 

迷った時や、育児で疲弊しきって挫折しそうなときには自分に問いただしています。

 

行動あるのみ:途中で方向転換OK

で、私の周りで頑張っている知人たちもみんなそう。

 

起業に向けて頑張っている人も、起業して継続して頑張っている人もみんな、華々しいSNS投稿の裏では地道な泥臭い作業をしているはずです。

 

そして、私も含めてみんなトライ&エラーを繰り返しながらずっと行動を起こす事で「やってみて初めてその業界の苦労を知った」って事ってあるはずです。

 

だから、一度決めたからやり通すとかじゃなくて「そのプロセスを楽しめそうなのか」、楽しめそうなのであれば時間もお金も投与して努力を続ける。

 

続けられそうにないのなら、別の道を進めばいいんですよ。

 

結局のところ、私もブロガーを目指していたんだけどライターと言う別の事をしている。

 

現代の多種多様な生き方が存在しつつある日本で、最初に決めた一本だけの道を生きていくなんて至難の業ですよ本当。

 

まとめ

 

  • 結果にたどり着くまでのプロセスを楽しめているのか?
  • なぜ、プロセスが大事なのか…それは、結果を出した後も地道なプロセスの継続が待っているから
  • プロセスを楽しめているのなら、地道に続けていけば道は開ける可能性がある
  • とにかく、行動してみないと道は開けないし、行動しなければプロセスが楽しいかどうかも分からない

 

特に思うのは、ママになってから「夢」とか「やりたい事」を見つけてしまうと、「時間探し・時間作り」をする事で更に時間の有限性に悩まされます。

 

育児と家事をしながら自分の時間を作ろうと思えば、体力・精神力を維持する超ハードな精神力勝負といっても過言ではない。

 

だから、自分の生き方や、時間の有限性について、しっかりと向き合っていかなきゃ思っているんですよ。

 

「楽しむ」って、キャーキャー言う事だけではなく色んな形があるんだなあと、せつに思っております。

 

今日は、ここまで~

最新情報をチェックしよう!