シングルマザーが子育てしながら、ブラジル人男性との恋愛について思う事

sally
私のパートナーはブラジル人で日本で暮らしています。

最初のころは文化の違いや、愛情の表現の仕方に戸惑いを感じていましたが慣れました。

 

慣れると恋愛に限らず、愛情を惜しみなく出し切るブラジル的な生き方の方が、誰との関係性を切り取っても心地いいなあと思っています。

 

そのおかげで、私も自分の生き方やこれからの人生の在り方について大きく考え直すきっかけとなりました。

 

でも、ブラジル人だから大らかで愛情深いのかという訳ではなく、それはブラジルが日本の様に集団という「和」を大事にするのではなく「個人」を大切にする文化だからだと思います。

 

 

そんな私の彼や、彼を取り巻く友人の国際恋愛や夫婦関係を見たうえでの、ブラジル人男性についてを書いて行きたいと思います。

ブラジル人男性との恋愛について

ブラジル人と言っても、様々なのですが…

 

 

今回はsallyのパートナーと、その周りの男性たちに焦点を置いて考えて行きたいと思います。

 

言わないでも気持ちを汲み取られる事はない

私達日本人は、空気を読むのが得意な人種なのだという事を彼と付き合った事で知りました。

 

本当は少し体調が悪くて心配して欲しいのに「大丈夫だよ」等と言ってしまえば、本当に大丈夫だと思われる事も多々あります。

 

本当は心配して欲しい事を後で伝えると、「なんでその時に言わないの?!言ってくれたら薬でも買ってきたのに!」と言う話になりかねません。

 

それ以外にも、ブラジル人と付き合っていて自分の意見をはっきり言わないと「なんで、パートナーである自分に意見を言ってくれないんだろう?信頼してくれていないのかな?」と思われる事もあります。

 

 

私達日本人にありがちな、相手の意見を尊重したいが為に自分の意見をぐっと飲みこむという文化は理解されづらいです。

 

自分の意見をしっかり伝え、相手の意見もしっかり聞くっていうのは信頼しているからこそできる事なのですよね。そんな風に思う様になりましたし、いい関係を維持していく為には大切な事だなと思っています。

 

言わないで気持ちを汲み取って貰おうとする「空気を読むという文化」は日本人が持ち合わせたレベルの高すぎるコミュニケーション方法なのだと思います。

 

批判はしない、馬鹿にする事もない、尊敬を大事にしている

ブラジル人男性は、パートナーの女性に常に尊敬の意を払います。

 

寂しい思いをさせない様にしようとか、何か困った事はないかと常に気にしてくれます。

 

日本でも既に古いですが亭主関白なんて絶対にありえません。

 

パートナーに対し批判する事もなければ、大勢の前でバカにするような事も言ったりしません。本当に治して欲しい事があれば、二人の時に話し合いの場を設けてくれたりします。

 

こうした、相手を思いやる気持ちは、親子関係でも友人関係でも同様です。

 

奥さんが疲れていたら、旦那さんは子供たちその事を伝えてママを楽にするように環境を整えてくれます。

 

自分の立場もみんな理解していて、大人であれば自分の子供にも他人の子どもでも笑顔を振りまき、手を握って話をよく聞こうとします。

 

相手を褒め、喜ばせ、素直にありがとうと言う事は、最初はこっぱずかしい感じもありますが、慣れるととても心地いいです。

 

そうした素敵な文化は、どんどん日本にも浸透して欲しいなあと思います。

人は人、周りにどう思われるかは関係ない個人主義

色んな人種の人がいるのが当たり前なので、私達日本人の様に「同じ考えだよね?!」と確認しあうかの様に会話を進める事もありません。

 

その人が、どんな考えでどんな人間性なのかは、主張しないと伝わらない。

 

だから、一生懸命に相手の会話に耳を傾けようとしてくれます。

 

反対に言えば、それぞれが個人主義の生き方なので相手の話をしっかり聞かないと分からないのです。

 

なので、「私があと20歳若かったらこんな服を着たいなあ」などと冗談交じりにいえば

「なぜ、自分の年齢や周りからどう見られるのかを気にするのか」を不思議がられます。

 

たとえパートナーであっても、その人が生きたい人生を楽しむべきという考えが根底にあります。

情熱の国、ヤキモチの国、ジェラシー半端ない

ブラジルは情熱の国ということもあって、ヤキモチの国でジェラシーの国です。

 

日本人にも、ジェラシーやヤキモチの気持ちは多かれ少なかれあるとは思いますが、彼らはそんな気持ちを我慢したりしません。

 

ストレートにぶつけてきます。なので、時に大喧嘩になる事もあります💦

 

それに、自分の友達は必ずパートナーに紹介するし、反対に私の友達を彼に紹介しないと「なんで紹介しないの?」「なんか紹介しないまずい理由でもあるの?」と疑ってかかってきます。

 

私達、日本の文化になれているものからすると少々めんどくさいなあと思う事もありますが、慣れてしまえば素敵だなと思う事もたくさんあります。

 

飲み会で連絡もなく遅くなることもありませんし、むしろ一緒に行こうよと誘われる事の方が多いのが普通です

 

まとめ

 ブラジル人の男性と関わる時に「こんな事を言ったら嫌われるかな」「こんな事言ったら変に思われるかな」と思い、ネットで調べて彼らの特徴を調べる人もいると思います。

 

でも、喜ばせようと思って伝えた気持ちは素直に喜んでくれるし、これは辞めて欲しいと素直に伝えた事はちゃんと耳を傾けてくれる事も多いのがブラジル人男性です。

 

日本にもいろんな男性がいるように、ブラジル人はもっと多種多様で様々な考えを持った男性だらけです。

 

分からない事は質問をして、自分達は別々の個なのだと分かり合おうとする事が大切だと思っています。

最新情報をチェックしよう!